Frustum

Frustum
CL : Shinzangama Pottery
円錐台。土瓶本体の中腹で切り替わるエッジは、鉄瓶などで古くから見られる形であり、茶の印象を強めます。立砂や盛塩のフォルムとして日本には馴染みの深い形。旧来の日本の形を重んじながらモダンな印象を与えるため、注ぎ口の形から実験・再検証した茶器。
感覚的な持ちやすさをデザインしながら、香りを迎えにいくフォルムとなっています。