swing bench

swing bench
MATERIAL : kurumi・canvas
DESIGNER : Yuma Nishida
CL : Kinrin
お互いの時間を持ち寄る、新たな暮らし。
2人になれば、微妙なニュアンスも2つになります。
うまく伝われば関係は深まり、伝わらなければやがて大きな溝となります。
この「swing bench」はお互いのニュアンスをわかりやすく感じるためのベンチ。
ロッキングチェアの揺れる機能を「くつろぎ」ではなく「センサー」として読み替えました。
気分がいいときは、はな歌とともに軽やかに揺れる。
腹積もりのあるときは、重苦しいテンポになる。
それが見えたら歩み寄り、会話をはじめる。
「声に出さなければわからない」という永遠の問いを
感じやすくすることで相手の想いをイメージする。
コミュニケーションの糸口をつくってくれます。
やがて家族が3人になったときには、ゆりかごとして安心感を伝えてくれます。