おしばなし文庫

おしばなし文庫
大切だけど、飾って毎日見るわけではないものも多いはず。
しまう箱のサイズはいつも不揃いで、引き出しのどこにしまったか忘れてしまいそう。
これは子供の成長を楽しみ、大切な記憶として保存しておくための箱。
それは押し花のように。いろいろな思い出ばなしを本に挟んで取っておく。
いつか大きくなった我が子と話せるように。