jyu-wan

jyu-wan
重なることで生まれる四角の中の丸い可動域。
箱の下に丸い椀底を削り出して、重ねています。
「重」でありながら「椀」であるカタチは、造作と無造作の間に生まれる「余韻」を
デザインしようとしています。キレイに揃えた時の美しさと、崩れて生活の動きが
見えた時の趣き。日本人はそのどちらも楽しめると思っています。